CX-5の次のモデルチェンジはいつごろ? 過去のデータから予想と分析

CX-5の次回モデルチェンジタイミング予想と過去の時期推移

CX-5にモデルチェンジがあった場合、値引き市場が一変することは間違いありません。ですから

 

モデルチェンジの時期がわかるならモデルチェンジ後の最新のCX-5を購入したい
最新のCX-5には興味ないのでモデルチェンジ末期の値引き幅が一番大きくなる時に買いたい

 

このようにCX-5のモデルチェンジタイミングを押さえておくことで、新型を誰よりも早く購入できたり、最も値引きの大きいタイミングで買うことができるのです。

 

この先は、今までのCX-5モデルチェンジ履歴を解析したり、ディーラーに直接CX-5情報を訪ねた生の情報を使って、この先のCX-5モデルチェンジ時期の予想を立てたり、過去の推移について分析します。

 

今現在の情報はこうなっている

CX-5は2017年2月のフルモデルチェンジを最後に、追加装備や変更はありません。今現在の状態に関しては下記をご覧ください。

 

2017年02月02日

初のフルモデルチェンジを行い「2代目CX-5」を発売

 

2代目CX-5の特徴

 

  1. スピードメーターがフロントガラス照射型に
  2. 全車速追従機能
  3. グリルの大型化
  4. ヘッドライトの薄型化

 

2代目CX-5へのフルモデルチェンジで、多くの追加装備・変更が施されました。

 

中でも特筆すべきはスピードメーターをフロントガラスに照射する様に変更された点です。元々マツダはヘッドアップディスプレイというドライバーの正面に必要な情報を集め、視線移動を少なくすることで事故を減らすというデバイスに力を入れていました。その効率をさらに高めるために今回のフロントガラス照射型スピードメーターの採用となりました。

 

ドライバーの負担を軽減する機能としては全車速追従機能の追加も大きいです。今までの作動範囲は30~100キロだったため、渋滞時に停止と徐行を繰り返す状況には対応していませんでした。しかし今回の変更により停止時からも先行車の発進に追従することが可能となり、渋滞時のドライバー負担軽減に大きく貢献することが可能です。

 

その他詳細な変更も含めると、CX-5は別の車種と言ってもいいほどの大きな変更が行われました。

 

CX-5モデルチェンジの過去推移

CX-5が次にモデルチェンジするタイミングの予想を立てる前に、いままでのモデルチェンジがどのような時期に行われたのかを確認しておきましょう。過去の傾向を確かめることでこの先のモデルチェンジのタイミングを推測しやすくなります。

 

初代CX-5

2012年02月16日 CX-5が新発売
2012年12月12日 CX-5一部改良。ドライバーが任意で変速タイミングを自由にコントロールできるキックダウンスイッチを全車標準搭載。ガソリン車はエンジンの改良に成功し燃費が向上した。
2013年09月19日 CX-5一部改良。先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を導入、「スマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)」を全車に標準搭載、「リア・ビークル・モニタリングシステム(RVM)」の作動する速度を約15km/h以上に改良した。
2014年11月20日

CX-5マイナーチェンジ。安全機能としては「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」を新規採用。「リア・ビークル・モニタリングシステム(RVM)」は検知範囲をの大幅改良がおこなわれ、自車の側方死角から接近した車両の検知が可能となった。後退時に接近する車両を検知して警告する「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」機能も追加された。

 

また、「レーンキープ・アシスト・システム(LAS)」、「ドライバー・アテンション・アラート(DAA)」や、「スマート・シティ・ブレーキ・サポート」、「AT誤発進抑制制御」を追加装備。

 

2代目CX-5

2017年02月02日 CX-5フルモデルチェンジ。スピードメーターをフロントガラス照射型に変更。クルーズコントロールが全速度域に対応。フロントグリルの大型・メッシュ化。ヘッドライトの薄型化など様々な変更が行われた。

 

CX-5の次回モデルチェンジを予想

ここまではCX-5のモデルチェンジが今までどうだったかについての確認を行いました。その中でも大規模な変更のあったマイナーチェンジとフルモデルチェンジを抜き出してみましょう。

 

2012年02月16日 初代CX-5発売。
2015年01月07日 初代CX-5のマイナーチェンジ。
2017年02月02日 2代目CX-5にフルモデルチェンジ。

 

この表を見ればわかる様に、CX-5は大体2~3年間隔で「マイナーチェンジ」や「フルモデルチェンジ」を行うことがわかります。ですが、2017年02月にフルモデルチェンジしたばかりですから、次回以降のモデルチェンジ予想は

 

2019年から2020年にマイナーチェンジ
2022年から2023年以降にフルモデルチェンジ

 

といった形になるのではないでしょうか。CX-5特別仕様車に関してはあまり多くありませんが、オリンピックイヤーの2020年あたりにアニバーサリーモデルが出ることも予想されます。

 

CX-5のフルモデルチェンジはまだまだ先のことですからそれほど気にする必要はないでしょう。

 

直接ディーラーに確認してみました

 

実際の情報としてはどうなのかを、マツダディーラーに確認を取ってみたところ、

 

まだ出たばかりなので当分その予定はないでしょう。新装備は可能な限りCX-5に搭載されているし、ここが足らないというわかりやすい点もないので予想としてもしづらいところがあります。新型が出てすぐだから大きな動きがあるとも思えません。

 

それに、最近ではインターネットで情報が流れるまでは早く、へたすると我々に情報が回ってくるよりも先に新情報が流れている場合もあると聞きます。お客様が知らないということはそういう情報はこちらにも来ていないと考えてもいいでしょう。

 

とのことです。CX-5はここまでをみるとモデルチェンジのサイクルは短そうですが、それでもまだ前回から時間がたっていません。まだまだ先のことになるでしょう。

 

値引きを得るためのテクニックとは?

 

モデルチェンジが近づけば、CX-5の値引き相場は一変します。とはいえ、まだまだモデルチェンジはさきのことでしょうから、ひとまずは値引き交渉を普通に進めましょう。ベーシックな作戦「CX-5同士の競合」「ライバル車と競合させる」を着実にこなして堅実にCX-5の値引きを伸ばしましょう。いますぐ使える交渉術はこちらを参考にしてください。

 

 
http://www.7chicago.com/ http://btelefonkatalogen.biz/ http://www.firemanslift.com/ http://www.qcfspf.com/